給湯器の水漏れを修理・交換する流れ

給湯器から水漏れするトラブルが見つかった場合、早めに修理や交換準備をしましょう。特に経年劣化が原因で水が漏れている場合、他のパーツも劣化している可能性があります。被害を大きくしないためにも、早め早めの対応が必要です。

■見積もりをしてもらう

給湯器の水漏れ対策で水道 修理してもらう場合、業者に見積もりをしてもらいましょう。見積もりは実際に給湯器を見てからになりますが、事前に水が漏れている状況や状態を伝えておくと大まかな費用が分かることもあります。
見積もりで出張点検してもらう場合、無料出張や点検に対応している業者を選びましょう。水が漏れていても、圧力調整などの仕様であれば修理は不要です。夜中でも対応している業者はあるので、夜間に気付いたときなどは24時間対応の業者を選ぶと早急に解決してもらえます。

■修理、交換からアフターサービスまで

見積もりをしてもらい、金額に納得したら修理や交換の工事になります。修理や交換は即日対応の業者も多く、大きな破損が無ければ、その日のうちに直せる場合がほとんどです。
修理や交換が無事に終わった後は、アフターサービスになります。施工したときに不具合や整備不良があった場合、一定期間内であれば保証してくれるので、事前に保証内容を確認しておきましょう。

■まとめ
給湯器の水漏れを直す場合、見積もりをしてもらい、施工内容や金額に納得した上で修理や交換してもらいましょう。また、直した後に不具合が生じるケースもあるので、アフターケアやサービスがある業者選びをしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ