給湯器の水漏れを防ぐために

給湯器の水漏れが起こったときは、原因を突き止めて適切な対処をしなければなりません。パーツの劣化や配管の故障が原因の場合は、放置をしていると状況が刻々と悪化します。給湯器の水漏れを防ぐ方法を紹介します。

■給湯器を止める

給湯器からの水漏れに気付いたときは、最初に給湯器を止めましょう。種類によって止め方は異なりますが、パネル操作になっているのが基本です。次にどこから水が漏れているのかをチェックしますが、水抜き栓や配管接続部、給湯器本体が水漏れしやすい場所になります。
水抜き栓からの水漏れだった場合、すぐに水の漏れが止まるなら問題ありません。ただし、漏れが止まらない場合は内部破損の可能性が疑われるため、水道の元栓を閉めましょう。

■定期点検を行う

給湯器が故障すると、直すまでお湯が使えません。お風呂や温水が使用できないため、かなり不便になります。そこで普段から定期点検を行うようにしましょう。特に設置してから7年から10年を超えている場合は故障しやすく注意が必要です。蛇口の劣化が原因のケースもあるので、蛇口 交換も考える必要があります。
定期点検は水道修理業者に依頼して行ってもらうことができます。少しでも異変を感じた場合も、点検してもらうと安心です。また、水漏れを未然に防ぐために、寿命が来た給湯器は早めに交換するようにしましょう。

■まとめ
水漏れを防ぐためには、定期点検をして給湯器の状態をチェックすることが大切です。また、水漏れが起こったときはすぐに給湯器を止めて下さい。早めに対応すればするほど、被害は小さく抑えられます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ