給湯器の水漏れを放置するのは危険

給湯器から水漏れが起こっていても、漏れている水が少量なら慌てる必要はないと思う人もいるでしょう。しかし、水漏れを放置するのはさまざまなリスクを伴います。ここでは、修理や交換が遅れることのリスクについて紹介します。

■ガス給湯器の水漏れについて

ガス給湯器を使用している場合、水漏れが起こると内部でガスの不完全燃焼が発生することがあります。通常なら給湯器の安全装置が働いて、自動的に停止するようになっていますが、完全に安心できるとは限りません。
不完全燃焼が発生すると、内部には一酸化炭素が発生します。屋内に設置している給湯器の場合だと、室内に一酸化炭素が充満して最悪の場合は命に関わることもあります。水漏れが気になる場合は、後回しにせず早めの対応が必要です。

■電気給湯器の水漏れについて

電気給湯器は電力を使って温めたヒーターでお湯を沸かすシステムです。環境に優しく空気を汚さないことから、幅広く普及しています。電気代が安い夜間にお湯を沸かすため、光熱費の節約につながると言われています。
電気給湯器の水漏れは、電気系統のショートや漏電のリスクに注意が必要です。放っておくと、水漏れが内部に達して大きな故障につながる可能性もあります。被害を拡大させないためにも、原因を速やかに突き止めて対応をしなければなりません。

■まとめ
給湯器の水漏れは、少量でも放置をするのは危険です。場合によっては命に関わったり、多額の修理、交換費用がかかったりすることもあります。早めに対応すればするほどリスクは小さくなるので、気になる場合は業者に点検してもらいましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ