給湯器の水漏れの対策方法

給湯器の水漏れが発覚した場合、そのまま放置していると被害が拡大して修理や交換費用が高くなることも考えられます。水漏れに気が付いたときは、すぐに対応する必要があります。ここでは、給湯器の水漏れ対策方法を紹介します。

■自分で対策する場合

給湯器の水漏れが分かった時点で、少しでも水が漏れるのを防ぐ必要があります。水が漏れて他のパーツにかかってしまうと、本来修理が不要だったパーツの交換が必要になるので注意をしましょう。
パーツの経年劣化が原因の場合、パーツを購入して交換することで直せます。ただし、配管が破裂していると大規模な工事が必要になるので、自分で直すことは困難です。自分で判断できない場合や、不安がある場合は業者に相談しましょう。

■業者に依頼する場合

専門業者に依頼することで、給湯器 水漏れ修理や交換をしてくれます。業者に依頼するメリットは、確実に直してくれることです。また、迅速に対応してくれる業者も多く、24時間対応の業者なら夜中でも安心して依頼ができます。
給湯器は間違った修理をすると余分に時間やお金がかかるリスクもあるため、リスクを負わずに修理や交換をしたいなら業者に依頼することがおすすめです。修理や交換後のトラブルに備えるためにも、アフターサービスがある業者を選びましょう。

■まとめ
給湯器の水漏れ対策は、大きく分けると自分で直す方法と業者に依頼して直してもらう方法があります。給湯器は電気や水を取り扱っているので、少しでも危険を感じる場合は業者に見てもらいましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ