給湯器の水漏れは修理と交換どちらがおすすめ?

給湯器で起こる水漏れを直す方法には、修理と交換があります。どちらも水道 修理業者に依頼をすれば対応してもらえます。ケースによっては修理の方が良い場合もあれば、交換の方が良い場合もあります。ここでは、修理と交換のどちらにすべきかを解説します。

■修理代が高いときは交換

給湯器は10年が交換の目安になっていて、経年劣化によってパッキンの損傷が特に激しくなります。銅管の水漏れなら修理も比較的簡単ですが、一度破損をすると、他の場所が破損することもあります。
修理の頻度が増えて修理代が高くなりそうな場合は、最初から交換しておく方が安上がりです。設置してからの年数が10年以上経過している給湯器の水漏れは、今後の故障リスクを考えたときに、修理より交換することをおすすめします。

■設置年数が短く故障範囲が狭い場合は修理

給湯器を設置してからの年数が7年以内で、なおかつ故障している範囲が狭いときは、交換よりも修理の方が安上がりです。アフターケアやサービスがついていれば、修理した後も一定期間は保証があります。
また、見積もりをしてもらう場合に、修理と交換両方の見積もりをする場合がほとんどです。金額がそこまで変わらないのであれば交換、金額が大幅に変わるなら修理にするなど、費用に応じて選ぶのも良いでしょう。

■まとめ
給湯器の水漏れは、修理と交換で直すことができます。設置年数が短いのであれば修理が良い場合もありますが、設置年数が長い場合は交換の方が良い場合がほとんどです。業者にも相談しながら、水漏れ対策を検討しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ